塾の講師の責任

駄目な塾の講師のうえには、駄目な塾の経営というものがあります。そのような基盤の上で、どう良い塾の講師になろうと思っても、やっぱり無駄な労力であって、すぐに違う塾でアルバイトをしなさいとアドバイスをしたいですね。駄目な塾が駄目な塾の講師を作る?いえ、駄目な塾だから、駄目な塾の講師が自然と集まって来てしまうのかもしれません。一番迷惑なのは誰かといえば、やっぱり子供さんです。

子供さんは一生懸命塾の講師を慕うものの、慕おうと思ったときには、塾の講師がコロコロと入れ替わっていたします。こんな落ち着かない塾は最悪ですよね。しかし、塾の言い分は、そのときでも、間違いなく生徒を教えている塾の講師が目の前にいる訳ですから、それで良しとしているのかもしれません。 個別指導の場合、一定期間は、一人の講師が担当するのが基本ルールです。

しかし、それさえ守られていない塾も多くあります。まず、塾が運営が悪いということも言えるのかもしれませんが、塾の講師一人一人にもう少し明確な自覚が必要なのではないでしょうか。塾の講師ってみなさんが想像している以上、重い責任があります。これから成長しいく子供さんを育てていかなければならないということです。